​フォトテキスタイルとは

この織物が出来るまで、26年の時間がかかりました。

最初に作られた生地は1986年でモノクロで製作されました。

当時の技術では、巨大なドラムスキャナーを使い、16ビットのコンピュータで長い時間をかけ、一越一越柄を読み込むという、今では考えられない作業でした。

​カラーを表現したいという気持ちに対して、ハード(コンピュータ)が追い付いていませんでした。

s.jpg
kiji.jpg

​幾度の失敗を経て

それから26年の年月がたち

まだ、この織物だけが実現できて

いませんでした。

 

そこから、この織物への挑戦が

始まりました。

カラーを表現する為に、まず最初に考えたのは、織物組織を使用し

経糸の黒で、組織を変えて色を

濃くしたり、薄くするというのを

考えました。

 

しかし、あらゆる色を表現するのに、横糸を70色近い糸を使用する為実現不可能でした。

(使える色の上限が織機の構造上8色しか使用できないため)

 

そこで、上限の8色だけで出来るだけ写真に近い方法を考え、色々なテストを行いましましたが、

私たちが思うものとは、全く程遠いものでした。

理想への思い

s1.jpg

何度もテストを繰り返し、出来上がった生地を見ては、ため息の

くり返しでした。

もうできないと、諦めたまたま

あったカラーの広告を見てひらめきました。

紙なのにあらゆる色が、なぜ表現できるのか。

そこで考えたのは、新聞紙などの

紙媒体の印刷されているインクを

調べました。

虫眼鏡で見ると、赤緑青の小さな

ドットで構成され、遠くで見ると

カラーに見える。

​一歩ですが、進化した瞬間でもありました。

pet.jpg

​完成。そして

新たな進化

幾度かの失敗を重ね、ついに我々が納得できる生地ができあがりました。

8色の横糸で、プリントにはない独特な生地でありながら、まるで写真のようなリアルな織物が26年の時間を経て誕生した瞬間でした。

それから4年後、それまで8色で

表現していたのを、6色で写真と同じ生地が表現できないかと研究し、6色のフォトテキスタイルが

​完成しました。

IMG_0019.JPG

カスタムオーダーサイト

リアルジャカードについて

この技術を使用して、いつまでも

色あせず、まるで本物のような毛並みを表現したクッションを

オーダーメイドでお作り出来るのがリアルジャカードです。

 

可愛いペットのお写真をお送りしていただき、クッションの表の色

裏の色、パイピング等

インテリアに合わせ

それぞれカスタマイズできます。

 

世界に一つのクッションを

お作り致します。