ギャラリー3.jpg

NECKTIE LAB

 

​ネクタイラボ

「伝統の技術を駆使し新たな

ネクタイを造る」を

コンセプトネクタイラボでは、西陣織物のネクタイ生地を

主に研究開発しています。


長年に亘る、織物設計の

知識 経験 技術を生かした

オリジナルネクタイを

製作しています。

NECKTIE LABの​

ネクタイが出来るまで

1 デザイン

最初にデザイン(企画)を

考えます。

出来上がった図案をもとに、

コンピュータに図案データ

を取り込み、ここで​織物組織

合わせた、打ち込みを決めます。

この、打ち込みの数字が大きく

なるほど、糸密度が多い生地に

なりますが、多ければ多いほど

生地が厚くなり、着け心地が悪くなります。

良い生地とは、バランスの取れた

生地だと私たちは考えています。

IMG_0003.JPG
IMG_0908.JPG

2 データ(紋紙)にする

出来上がったデータは、紋紙と呼ばれる穴の開いたパンチカードに変換します。

この紋紙で、ジャカードの個々の経糸を上げたり下げたりさせることで複雑な柄を織ることができます。

現在では、ダイレクトと呼ばれる装置がついた織機が主流になり、紋紙を使用する織機は少なくなりました。

 

​しかし、西陣では現在でも使用している織屋が多いため、織物を

織る上でなくてはならない物の

ひとつです。

3 製織

​染め上げたシルクの糸をセットし、生地を織っていきます。

このとき、生地に傷や

また、経糸が切れないよう細心の注意を払いながら、

NECKTIE LAB​の

生地が出来上がります。

 

1.jpg
IMG_0858.JPG

4 ​整理 縫製

丁寧に織られた生地は、整理加工され、ここで生地の風合いが決まる重要な工程です。

整理加工された生地は、ネクタイに縫製されて、完成です。

ネクタイ一本が出来上がるまで、様々な工程を経て出来ています。

このように、一つでも工程が欠ければネクタイはできません。

これからも、高品質でありながら、こだわりぬいた​ネクタイを

作り続けてまいります。